新型コロナウィルスの影響でアイスランドへの渡航中止勧告が外務省から出されています。最新情報は外務省のHPをご覧ください。

アイスランド旅行でのお金事情【両替すべき?】

アイスランド旅行でのお金事情【両替すべき?】

こんにちは。
アイスベルを運営しているYamada(@icevel3)です。

海外旅行をするときに気になるのが、その国の「お金」事情。

「アイスランドのお金は日本で両替できる?」
「両替手数料を安くする方法を知りたい」

などの疑問や知りたいことがあると想います。

今回の記事では、アイスランドの通貨や両替ができる場所、両替手数料を安くおさえる方法などについて、解説をしています。

yamada
yamada

アイスランド旅行をするかたは必見です。

アイスランドの通貨はアイスランド・クローナ

アイスランドの通貨単位は「アイスランド・クローナ(íslensk króna)」です。

クローナ(Króna)は単数形で、クローヌル(Krónur)は複数形です。

アイスランド・クローナの国際通貨コード(ISO 4217)は「ISK」で、通貨記号は「kr」です。

現在のアイスランド・クローナの紙幣は5種類(10,000kr・5,000kr・2,000kr・1,000kr・500kr)あり、硬貨は5種類(100kr・50kr・10kr・5kr・1kr)あります。

硬貨(コイン)の図柄には、海の生き物が描かれています。

クローナ(クローヌル):硬貨の図柄

  • 1kr:タラ
  • 5kr:イルカ
  • 10kr:シシャモ
  • 50kr:カニ
  • 100kr:ランプフィッシュ

アイスランドで使える通貨は、基本的にアイスランド・クローナのみです。

一部ではユーロやドル、クローネ(デンマーク・ノルウェー)、クローナ(スウェーデン)などの外貨通貨をアイスランドで使用できる場所があります。

yamada
yamada

基本的に、アイスランドで日本円を使うことはできません。

アイスランド・クローナに両替ができる主な場所

アイスランドの通貨であるアイスランド・クローナは、日本国内で両替することができません

アイスランド国内で、アイスランド・クローナに両替ができる主な場所は、以下の通りです。

ケプラヴィーク国際空港
銀行・アリオン銀行(Arion banki)
到着ロビーと出発ロビーに銀行がある
ATM空港内に複数台設置されている
レイキャビク市内
銀行・ランズバンキン銀行(Landsbankinn)
・アリオン銀行(Arion banki)
・アイスランド銀行(Íslandsbanki)
市内の各所に銀行がある
ATM市内に複数台設置されている
宿泊施設(ホテル)一部の宿泊施設で両替が可能 ※
その他の街・村
銀行一部の街や村には銀行やATMが設置されている
ATM
宿泊施設(ホテル)一部の宿泊施設で両替が可能 ※

※ 一部の宿泊施設(ホテル)では、両替ができない場合があります

yamada
yamada

アイスランド・クローナを両替するときのレートや手数料は、両替場所やタイミングによって異なります。

ATMはオススメの両替方法

日本円からアイスランド・クローナに両替をするときには、利便性や両替手数料などを考えると、ATMの利用をオススメします。

アイスランド ・クローナに両替ができる場所と時間帯は、以下の通りです。

両替できる場所両替可能の時間帯
ATM24時間
銀行夕方には営業終了
宿泊施設(ホテル)宿泊施設によってバラバラ ※

※ 宿泊施設(ホテル)によって、両替の対応ができない場合があります

ATMでは、24時間両替をすることができるので、利便性がよいです。

また、ATMは両替手数料が良心的です。

そもそも、日本円とアイスランド・クローナなど異なる外貨を両替するときには、手数料が発生します。

外貨両替をするときの手数料は「両替レート」と「両替手数料」の二つがかかる場合があります。

外貨両替をするときの手数料

両替レート
両替レートは、為替レートに為替手数料をプラスしたものです。
両替手数料
両替手数料は、両替を1回利用するたびにかかる手数料のことです(※)。

※ 両替する場所によって両替手数料が無料だったり、そもそも両替手数料をとらない(両替手数料が両替レートに含まれている)場合があります

外貨両替には、できるだけレートの低い場所を利用するのがポイントです。

ATMは、銀行や宿泊施設(ホテル)よりもレートが低い場合が多く、手数料をおさえることができるでしょう。

ATMからアイスランド・クローナを両替をするには、クレジットカードやデビットカードを利用します。

yamada
yamada

ケプラヴィーク国際空港の発着便は、早朝や深夜が多いです。
なので、24時間両替ができてレートが低めなATMの利用をオススメします。

基本的にカードがあれば両替は必要なし

アイスランドでは、クレジットカードやデビットカードの利用可能な場所が多いです。
なので、基本的に現金(アイスランド・クローナ)を両替する必要はありません。

観光客や現地(アイスランド)のかたは、現金よりもクレジットカードやデビットカードなどの利用が多く、少額の買い物でもカードを気軽に利用することができます。

私がアイスランド旅行に行ったときには、現金を両替せずにクレジットカード2枚で買い物や旅行をすることができました。

ただし、アイスランドの公共バスでは現金が必要で、レイキャビク市内で土日に開催されているフリーマーケット(Kolaportið)では、現金のみという露店が多いです。

アイスランドでクレジットカードが使える主な場所や日本からクレジットカードをもっていく場合の注意点などについて詳しくは、別記事に解説をしています。

盗難や紛失に備えるなら少額の現金を引き出す

アイスランドでカードの盗難や紛失などに備えるなら、ATMから少額の現金(アイスランド・クローナ)を引き出すといいでしょう。

アイスランドでは、カードだけでも不自由なく旅行をすることができますが、カードの盗難や紛失にあうことを考えると「現金があったほうが安心できる」と思うかたもいるでしょう。

現金(アイスランド・クローナ)は、ATMからクレジットカードやデビットカードなどを利用して、引き出しましょう。

少額の現金(アイスランド・クローナ)とクレジットカードがあれば、安心して旅行を楽しむことができると思います。

yamada
yamada

アイスランドは治安がよくて犯罪率が低い国ですが、盗難やスリにあう可能性はゼロではありません。

硬貨はお土産にも

両替したアイスランド・クローナの硬貨が余ったとしても、お土産として友人や家族、仕事仲間などに喜ばれるでしょう。

また、昔に使われていたアイスランド・クローナは、お土産で販売されています。

アイスランドの古い硬貨

私がアイスランド旅行に行ったときには、お土産用に硬貨コインを購入しました。

yamada
yamada

アイスランド・クローナの硬貨コインに描かれている魚は、お子さんに喜ばれるでしょう!

【まとめ】外貨両替は基本的に必要なし

アイスランドのお金・両替事情について解説をしました。

アイスランドの独自通貨である「アイスランド・クローナ」は、基本的にアイスランド国内のみ、両替をすることができます。

アイスランド・クローナに両替できる主な場所をまとめると、以下になります。

  • ケプラヴィーク国際空港:銀行、ATM
  • レイキャビク市内:銀行、ATM、宿泊施設(ホテル)
  • その他の街・村:銀行、ATM、宿泊施設(ホテル)

利便性や両替手数料のことを考えると、ATMがオススメの両替方法です。

ただし、アイスランドは現金よりもクレジットカードやデビットカードなどを利用するのが多いので、日本円からアイスランド・クローナに外貨両替をする必要はありません。

カードの盗難や紛失などに備えるなら、現地のATMで少額の現金(アイスランド・クローナ)を引き出すといいでしょう。

アイスランド・クローナは、基本的にアイスランド以外の国で使うことができないので、現金を使い切るか、余った硬貨はお土産にするといいでしょう。

アイスランドでのツアー・ホテル・レンタカー予約はネットから!
アイスランド旅行のオンライン予約ができる検索・比較サイト「Guide to Iceland」

アイスランドの観光・旅行ツアーを取り扱う「Guide to Iceland」があります。
Guide to Icelandは、アイスランドに特化したオンライン予約ができる検索・比較サイトです。

  • 5,000以上の種類があるツアー
  • 様々な宿泊施設のタイプを取り扱っているホテル
  • 様々な車種に対応したレンタカー

など、アイスランドの観光・旅行を取り扱うサイトの中では世界最大です。

最低価格も保証されているGuide to Icelandのサイトは、日本語対応していているので簡単に予約をすることができます。

タイトルとURLをコピーしました