新型コロナウィルスの影響でアイスランドへの渡航中止勧告が外務省から出されています。最新情報は外務省のHPをご覧ください。

ブルーラグーンの予約方法と入場する料金について解説

ブルーラグーンの予約方法と入場する料金について解説

こんにちは!
アイスベルを運営しているYamada(@icevel3)です。

アイスランドにある世界最大級の温泉施設「ブルーラグーン」。

ブルーラグーンで気になることといえば、「予約方法」や「料金面」でしょう。

ブルーラグーンを利用するには、事前予約が不可欠で、ブルーラグーンの公式サイトからチケットを購入する必要があります。

ここ数年前までは、事前予約しなくてもブルーラグーンに入場することができました。

しかし、LCC(格安航空会社)の登場でアイスランドにやってくる観光客が増加したため、予約しないとブルーラグーンに入場することができなくなりました。

チケットの予約状況については、日によってバラツキがあり1週間先まで予約が埋まっていたり、翌日に予約ができるなどあります。

「具体的にチケットの予約する方法が知りたい!」
「アイスランドは物価が高いから入場する料金も高いのかな・・」
「チケットを予約するときに注意することは?」

などの疑問に対して、これからブルーラグーンの予約方法や料金について解説をしていきます。

ブルーラグーンの施設やサービスなどを知りたい方は、別記事に書いたので、参照していただくと幸いです。

スポンサーリンク

ブルーラグーンの料金はプランごとに違う

まずは、ブルーラグーンの料金についてご紹介していきます。

ブルーラグーンのプランは、主に2種類(ComforとPremium)あり、それぞれ料金が異なります。

Comfort(コンフォート)プランの料金は約6,990 ISKから(日本円で約6,011円)、Premium(プレミアム)プランの料金は約9,900 ISKから(日本円で約8,514円)です。

2歳から12歳までは、親か保護者の同伴にかぎり、プランが無料です。

※ 2019年7月14日時点でのレートである1 ISK=0.86円で計算しています
※ 利用時間によって料金が異なります

Comfort(コンフォート)とPremium(プレミアム)プランの2つの内容は、以下になります。

Comfortプランの内容Premiumプランの内容
ブルーラグーンの入場
泥パック(シリカ)
タオル
ドリンク1杯
ブルーラグーンの入場
泥パック(シリカ)
タオル
ドリンク1杯
スリッパ
バスローブ
ラバ・レストランの予約
ラバ・レストランで出されるスパークリングワイン1杯

正直、どちらのプランも少々お値段が張りますが・・レストランを利用しない場合はComfort(コンフォート)プランでもいいかと思います。

上記で紹介した2つのプランの他にも、ブルーラグーンではLuxury(ラグジュアリー)プランというRetreat Spa(リトリートスパ)があります。

Retreat Spa(リトリートスパ)は、プライベート空間が味わえる高級スパで、スパ以外にもブルーラグーンの露天温水プールにも入場することができます。

yamada
yamada

ブルーラグーンのプランは、入場する時間帯やシーズンによって料金が変動するのでご注意ください!

ブルーラグーンのネット予約をする方法

ブルーラグーンの入場チケットを予約する方法について、ご紹介します。

ブルーラグーンの予約方法ステップ1

まずは、ブルーラグーンの公式サイトにアクセスして、The Blue Lagoonにある「BOOK」のボタンをクリックします。

ブルーラグーンの予約方法ステップ2

予約する人数を選択して、「CONTINUE」をクリックします。

ブルーラグーンの予約方法ステップ3

カレンダーが表示されるので、希望する日時を選択して「CONTINUE」、「CONTINUE TO GUEST INFO」とクリックしていきます。

予約する時間に「Fully booked」と表示されているのは満室状態という意味なので、予約することができません。

ブルーラグーンの予約方法ステップ4

続いて、名前やメールアドレス、携帯番号などを入力し、プライバシーポリシーにチェックを入れたら、「AGREE & CONTINUE」をクリックします。

ブルーラグーンの予約方法ステップ5

クレジットカードの情報(クレジットカード番号・有効期限・CVC)を入力します。

クレジットカードが使える国際ブランドは以下の通りです。

  • Visa(ビザ)
  • Mastercard(マスターカード)
  • アメリカン・エキスプレス(アメックス)
  • ダイナースクラブカード

あとは「COMPLETE PAYMENT」をクリックすれば、予約完了となります。

先ほど入力したメールアドレス宛てに、バーコード付きのバウチャー(領収書)が記述しているメールが送られてくるはずです。

このバウチャーのメールは、ブルーラグーンの入場時に必要なので、スマートフォンでメール画面を見れるようにしておきましょう。

yamada
yamada

今回はパソコンからブルーラグーンのチケットを予約する手順をご紹介しましたが、スマートフォンから予約する方法もパソコンと大きな違いはありません。

ブルーラグーンに予約するときの注意点

ブルーラグーンの入場チケットを予約するときに、注意すべき点が2つあります。

  • 予約した時間帯に来ないと入場できない可能性がある
  • 希望する日時に予約できない可能性がある

詳しく、解説をしていきます。

予約した時間帯に来ないと入場できない可能性がある

まず1点目は、ブルーラグーンの予約は時間制になっているので、予約した時間帯よりもブルーラグーンに早く到着したり遅れて到着した場合、入場できない可能性があります。

予約した時間帯よりも早く到着した場合、予約した時間まで待っていればブルーラグーンに入場することができます。

しかし、飛行機の遅延などで遅れた場合、他の予約した人が優先になるので入場できない場合があります。

ブルーラグーンは、アイスランドの空の玄関口であるケプラヴィーク国際空港と首都であるレイキャビクの中間に位置しているので、空港からそのままブルーラグーンに直行する旅行者が多いです。

飛行機の遅延は仕方ないことなので、予約するときには余裕のある計画プランを考えた方がいいかもしれません。

希望する日時に予約できない可能性がある

2点目は、ブルーラグーンは人気観光スポットなので、すぐに予約が埋まってしまいます。

ブルーラグーンの予約状況を見てみると、お昼から夕食前までぐらいの時間帯はすぐに予約でいっぱいになっていることが多いようです。

反対に、21時以降は比較的空いていたり、料金も少しお得になっています。

ブルーラグーンの予約は、なるべく早くしましょう。

大体、1週間前までには予約した方がいいかもしれません。

yamada
yamada

ブルーラグーンの予約については、シーズンによって予約状況が変わることがあるので、詳しくはブルーラグーンの公式サイトをチェックするようお願いします。

【まとめ】ブルーラグーンの入場チケットの購入はお早めに!

ブルーラグーンの入場料金や予約方法について解説をしてきました。

ブルーラグーンの入場チケットの購入は、お早めにすることをオススメします。

ブルーラグーンの料金プランは、少々お値段こそ張りますが、一生の思い出にはなることでしょう。

地熱を利用した温泉のブルーラグーンに行き、地球の力を体感してはいかがでしょうか。

ケプラヴィーク国際空港からブルーラグーンへのアクセス方法について詳しくは、別記事に書きました。

アイスランドでのツアー・ホテル・レンタカー予約はネットから!
アイスランド旅行のオンライン予約ができる検索・比較サイト「Guide to Iceland」

アイスランドの観光・旅行ツアーを取り扱う「Guide to Iceland」があります。
Guide to Icelandは、アイスランドに特化したオンライン予約ができる検索・比較サイトです。

  • 5,000以上の種類があるツアー
  • 様々な宿泊施設のタイプを取り扱っているホテル
  • 様々な車種に対応したレンタカー

など、アイスランドの観光・旅行を取り扱うサイトの中では世界最大です。

最低価格も保証されているGuide to Icelandのサイトは、日本語対応していているので簡単に予約をすることができます。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました