アイスランドの絶景「氷の洞窟」の体験談【ツアー予約方法・持ち物も紹介】

アイスランドの絶景「氷の洞窟」の体験談【ツアー予約方法・持ち物も紹介】

※記事にはプロモーションが含まれています

こんにちは。
当サイトであるicevelを運営しているYamada(@icevel3)です。

手つかずの大自然が残る島国のアイスランド。
アイスランドには氷の洞窟と呼ばれるスポットがあり、世界中から観光客がやってきます。

私は、2018年2月にアイスランドへ訪れました。
氷の洞窟へ訪れるのがアイスランドを選んだ理由の一つで、希望が叶いました。

氷の洞窟に興味がある方の中には、

「氷の洞窟はどんなところ?」
「どうやって氷の洞窟へ行くの?」
「氷の洞窟ツアーの予約方法は?参加時の注意点は?」

など、疑問や知りたいことがあると想います。

今回は、アイスランドにある氷の洞窟について解説をしていきます。

氷の洞窟とは

アイスランドにある氷の洞窟(Ice Cave=アイス・ケイブ)は、主に2つの意味があります。

一つは氷河で形成される空間のことで、洞窟全体が氷で覆われています。
もう一つは、永久凍土の氷がある岩の洞窟です。

前者は氷河の洞窟(Glacier Cave=グレイシャー・ケイブ)と呼ぶのが正しいですが、アイスランドでは氷の洞窟と呼ばれています。

そもそも、氷河は地上に積もった雪が積み重なって氷の塊になり、自身の重さで流動したものです。

アイスランドの各地には氷河があり、氷の洞窟が形成されています。

氷の洞窟ができる理由

氷河が溶けて形成されるのが、氷の洞窟です。
日差しや気温などで氷河の表面が溶けたり、地熱によって地下の氷河が溶けたりします。
氷が溶けて水になって流されることで、氷河の地下に空洞が形成されます。

氷の洞窟は、同じ場所にできるとは限りません。
大規模な氷の洞窟は除きますが、毎年違う場所で形成されます。

氷の洞窟の色について

自然に形成される氷の洞窟の色は青、灰色、黒、白、透明などさまざまです。
氷の色が異なる理由は、氷の圧縮による違いです。

氷河は、地上に降り積もった雪が長い月日をかけて圧縮され、気泡が少なく透明度の高い氷になります。
太陽光が氷に反射されることで、鮮やかな青になります。

なお、氷の洞窟は鮮やかな青だけではありません。
氷の中にも透明度が低いものが存在するので、さまざまな色の氷の洞窟があるのです。

氷の洞窟へ訪れるのに最適な時期

アイスランドにある氷の洞窟へ訪れる最適な時期は、10月から3月の冬です。

冬の時期は気温が低く、氷の洞窟が安定しているため、訪問しやすい季節です。

一部の氷の洞窟は1年中アクセスできますが、基本的に冬の季節に氷の洞窟へ行くことをおすすめします。

氷の洞窟を見られる場所・アクセス

アイスランドで氷の洞窟を見学できる5つの場所とアクセス方法を紹介します。

  • ヴァトナヨークトル国立公園
  • ラングヨークトル
  • ミールダルスヨークトル
  • ロフトヘトリル
  • ペルトラン

ヴァトナヨークトル国立公園

ヴァトナヨークトル国立公園にあるクリスタル・アイス・ケイブ

ヴァトナヨークトル国立公園(Vatnajökull National Park)は、アイスランドの南東部にある国立公園です。
公園内にあるヴァトナヨークトルはアイスランドで最大の氷河で、面積が8,100km²もあります。

氷の洞窟の多くはヴァトナヨークトルで見られ、シーズンになると多くの観光客が訪れます。

ヴァトナヨークトル国立公園の中でも、クリスタル・アイス・ケイブ(Crystal ice Cave)は有名な自然の氷の洞窟です。
2011年に発見されて以降、ほぼ同じ場所で氷の洞窟が出現しています。

クリスタル・アイス・ケイブという名前の由来は、洞窟の内部が水晶のドームに似ていることからです。
洞窟内は最大100人入れるぐらいの広さがあり、観光客に人気があります。

クリスタル・アイス・ケイブのアクセス

クリスタル・アイス・ケイブは、ブレイザメルクルヨークトル(Breiðamerkurjökull)に位置しています。
ブレイザメルクルヨークトルは、ヴァトナヨークトル国立公園の南側に位置する氷河です。

クリスタル・アイス・ケイブのツアーに参加する場合、集合場所はヨークルスアゥルロゥン(Jökulsárlón)にある駐車場がほとんどです。

ヨークルスアゥルロゥンはアイスランド南部にある湖で、湖からクリスタル・アイス・ケイブまで専用の車で移動します。

レイキャビクからヨークルスアゥルロゥンまでの距離は約380kmあり、車で5時間以上かかります。

ラングヨークトル

ラングヨークトルにあるイントゥ・ザ・グレイシャー

ラングヨークトル(Langjökull)は、アイスランドの西部にある氷河です。
面積は953km²あり、アイスランドにある氷河では2番目の広さです。

ラングヨークトルには自然で形成された氷の洞窟がありますが、ほかにも「イントゥ・ザ・グレイシャー(Into the Glacier)」という人口の氷の洞窟があります。

イントゥ・ザ・グレイシャーは1年中アクセスできる氷の洞窟で、2015年に開通しました。
氷の洞窟は海抜1,260mに位置しており、洞窟の全長は約500mほどです。

イントゥ・ザ・グレイシャーの内部はLEDライトで照らされており、洞窟の中にはチャペルもあります。

イントゥ・ザ・グレイシャーのアクセス

イントゥ・ザ・グレイシャーのツアーに参加する場合、集合場所はレイキャビクやフーサフェル(Húsafell)、クラキ(KLAKI)などです。

フーサフェルは農場と教会がある土地で、冬の期間(10月16日〜5月31日)の集合場所になっています。

クラキはラングヨークトルのベースキャンプ地で、夏の期間(6月1日〜10月15日)の集合場所です。

レイキャビクからフーサフェルやクラキまでの距離は約100kmで、車では約2時間かかります。

ミールダルスヨークトル

ミールダルスヨークトルにあるカトラ・アイス・ケイブ

ミールダルスヨークトル(Mýrdalsjökull)は、アイスランドの南部にある氷河です。
面積は約590km²あり、アイスランドにある氷河では4番目の広さです。

ミールダルスヨークトルには、カトラ・アイス・ケイブ(Katla Ice Cave)と呼ばれる氷の洞窟があります。

カトラは、アイスランドで最大規模の活火山です。
ミールダルスヨークトルの下にカトラ火山が位置していることから、カトラ・アイス・ケイブと呼ばれています。

カトラ・アイス・ケイブは自然に形成された氷の洞窟で、1年中アクセスができます。
洞窟の内部は青と黒で、黒色なのは噴火による灰です。

カトラ・アイス・ケイブのアクセス

ミールダルスヨークトルの近くにはヴィーク(Vik)という町があり、氷の洞窟ツアーの集合場所になることが多いです。
ヴィークから氷の洞窟へは、専用の車で移動します。
カトラ・アイス・ケイブは地下に位置しているので、軽いハイキングをして氷の洞窟の入口まで目指しましょう。

なお、レイキャビクからヴィークまで距離は約190kmあり、車では約2時間30分かかります。
氷の洞窟ツアーによっては、レイキャビクから出発することもあります。

ロフトヘトリル

ロフトヘトリル(Lofthellir)

ロフトヘトリル(Lofthellir)は、アイスランドの北部にある溶岩洞窟です。
洞窟の長さは約370mで、約3,500年前に起きた火山の噴火で誕生しました。

ロフトヘトリルは岩でできた氷の洞窟で、洞窟には氷の彫刻があります。
天然でできた氷の彫刻は、岩から壁や天井をつたった水滴で形成されます。
洞窟内は年間を通して0℃に近い温度のため、氷は解けません。

ロフトヘトリルのアクセス

ロフトヘトリルの場所は私有地で、基本的にツアーでしか行けません。
氷の洞窟ツアーの集合場所は、ミーヴァトン(Mývatn)という湖です。

ツアーでは、ミーヴァトンからハバンフェル(Hvannfell)という山の近くにある駐車場まで車で移動します。
30分ほどハイキングをすると、ロフトヘトリルの入口へ到着します。

なお、ミーヴァトンの近くにある町はアークレイリ(Akureyri)です。
ミーヴァトンからアークレイリまでの距離は約100kmで、車で約1時間30分かかります。

ペルトラン

ペルトランにある氷の洞窟

ペルトラン(Perlan)は、アイスランドの首都であるレイキャビク(Reykjavik)に位置する自然博物館です。
博物館の中には、氷の洞窟の展示がされています。

ペルトランにある氷の洞窟は人口で作られたものですが、アイスランドの山にあった350トン以上の雪を使用して作られています。
氷の洞窟の長さは約100mあり、安全にかつアクセスしやすい場所です。

ペルトランの氷の洞窟へは、チケットを払えば入場できます。

ペルトランのアクセス

レイキャビク市内にあるペルトランは、丘の上に位置しています。

レイキャビクの中心地からペルトランまで、徒歩だと約30分です。
建物の近くには市営バスの停留所があり、無料の駐車場もあります。

氷の洞窟へは専門ガイドの同行が必要

ペルトランを除き、氷の洞窟へ入るには専門ガイドの同行が欠かせません。

氷の洞窟は自然に形成されるため、洞窟の崩落や落氷、陥没穴などの危険性があります。

ほかにも、氷の洞窟の付近までは専用の車でないと行けないことが多いです。

氷の洞窟へ安全に行くには、経験豊富な専門ガイドが同行するツアーを予約しましょう。

私は、日本で事前に「Guide to Iceland」という現地のツアーを取り扱うWebサイトを利用して、1泊2日の氷の洞窟・南海岸・氷河湖を回るバスツアーを予約しました。
Webサイトは日本語対応しており、さまざまな氷の洞窟ツアーを取り扱っています。

【Guide to Iceland】
氷の洞窟ツアーはこちら

日本語ガイド付きの氷の洞窟ツアーはある?

私が利用したGuide to Icelandでは、日本語を話せるガイド付きのツアーは基本的に取り扱っていません。
ガイドの説明は英語でしたが、氷の洞窟は自然を体験するツアーなので、英語が苦手な方でも楽しめると思います。

「氷の洞窟ツアーに行くなら日本語ガイド付きがいい!」という方には、VELTRA(ベルトラ)という現地ツアーを取り扱うWebサイトを利用するとよいでしょう。

VELTRAでは「氷の洞窟とアイスランドハイライト5泊6日ツアー
icon」という日本語が話せるドライバーガイド付きのツアーを取り扱っています。
ツアーの開催期間は11月から2月で、年に数回しか開催されていません。

【VELTRA】
日本語ガイド付き 氷の洞窟ツアー予約はこちら

氷の洞窟ツアーに参加するときの持ち物・服装

氷の洞窟ツアーに参加するときに必要な持ち物、服装などを紹介します。

持ち物・服装説明
アウター・ボトムス防水性や防風機能があるもの(濡れる素材は避けるのが吉)
インナー重ね着で温度調整ができる服、吸汗性や速乾性がある服・下着がおすすめ
帽子洞窟内はヘルメットを被るので、ポンポンが付いていないタイプの帽子を用意
手袋手が冷たくなるので必須
アイゼンを装着できる登山靴を用意
カバン両手が空くリュックやショルダーバッグなどがおすすめ

氷の洞窟ツアーでは、ヘルメットが貸し出されます。
ほかにも、ツアーの内容によってはアイゼンやピッケル、安全ロープなどもガイドが用意してくれます。

氷の洞窟ツアーの内容・体験談

ここからは、氷の洞窟ツアーの体験談を紹介します。

前述のように、私は1泊2日の氷の洞窟・南海岸・氷河湖を回るバスツアーに参加しました。

氷の洞窟ツアーの集合場所は、ヨークルスアゥルロゥンのすぐ近くにある駐車場でした。

建物には、氷河湖クルーズのツアー予約やカフェ、トイレなどがあります。

駐車場には、氷の洞窟ツアーで使うスーパージープ(大型のジープ)が停車していました。
スーパージープに乗って、氷の洞窟へ向けて出発します。

氷の洞窟までは道路が未舗装のところを走るので、車内は上下に揺れてアトラクション状態でした(笑)。
車酔いしやすい方は、事前に薬を飲んだほうがよいかもしれません。

Yamada
Yamada

真っ白な世界をスーパージープで突き進んでいきます!

洞窟の中はスーパーブルー

氷の洞窟の内部

約30分ほどスーパージープに乗ると、氷の洞窟の入口付近に到着しました。

車を降りると、ガイドが用意してくれたアイゼンを付けて氷の洞窟に入ります。

洞窟の奥へ進むと、スーパーブルーの美しい光景が広がっていました。
約40分ほど洞窟内を自由行動できたので、写真をバシバシ撮りました。

Yamada
Yamada

スーパーブルーが広がった洞窟は圧巻の光景です!

氷河をハイキング

スーパージープと氷河の上をハイキングしている人たち

氷の洞窟を後にして、次はハイキングです。
ガイドが先導で氷河の上をハイキングしていると、雪から顔を出した氷があるスポットに到着しました。

氷河の氷

氷は、太陽の光に反射してサファイアのようです。

雪に埋まっていた氷河

ガイドがピッケルで氷を砕いて、ツアーの参加者に配っていました。
氷は1,000年以上前にできたものらしく、不純物はほとんどありません。
ツアーの参加者は、アイスキャンディーのように氷を舐めていました。

氷があるところに30分ほど滞在してから、ふたたびハイキングをしてスーパージープまで戻ります。

ブレイザゥルロゥン(Breiðárlón)

そのあと、スーパージープに乗ってツアーの集合場所に戻るのですが、途中で氷河の写真を撮れるように10分ほど時間があり、ツアーは終了となりました。

氷の洞窟ツアーに参加するときの注意点

氷の洞窟ツアーに参加するときには、いくつか注意点があります。

  • タイミングによってツアーが開催されない場合がある
  • ツアーの予約ができない可能性がある
  • ツアーによって年齢制限がある

それぞれ詳しく解説していきます。

タイミングによってツアーが開催されない場合がある

天気が悪いと氷の洞窟の近くまでアクセスできず、ツアーが中止になる可能性があります。

アイスランドの天気は変わりやすく、吹雪になっていると思ったら5分後には晴天になることがあります。

天候によってツアーの内容が変わることがありますが、ツアーが中止になったら代金は返金されるのが基本です。

氷の洞窟ツアーに参加するときには、ツアー会社のWebサイトでキャンセル規約を確認しましょう。

ツアーの予約ができない可能性がある

氷の洞窟ツアーは冬のアイスランドで観光客に人気のため、ツアーが満席になってしまう可能性があります。

1年を通して見られる氷の洞窟は除き、氷の洞窟のベストシーズンは10月から3月なので、早めの予約をしましょう。

ツアーによって年齢制限がある

氷の洞窟ツアーでは、年齢制限を設けています。
会社によって異なりますが、ツアーの最低年齢は8歳から12歳の間が多いです。

幼い子供がいる場合、年齢制限がないラングヨークトルにあるイントゥ・ザ・グレイシャーに行きましょう。

ほかにも、ペルトランにある氷の洞窟の展示も年齢制限はありません。

【まとめ】氷の洞窟は人生に1度は行くべき場所!

アイスランドにある氷の洞窟について解説をしました。

今回の記事をまとめると、以下になります。

  • 氷の洞窟は氷河に形成された空間、永久凍土の氷がある岩の洞窟
  • 氷の洞窟へ訪れる最適な時期は10月から3月
  • アイスランド各地には氷の洞窟を見学できる場所がある
  • 氷の洞窟へ行くにはツアーに参加する
  • 暖かくて防水性のある服装で氷の洞窟へ行く

アイスランドに訪れたら、氷の洞窟へ行くことをおすすめします。

氷の洞窟ツアーの予約はこちら

アイスランドのツアー・ホテル・レンタカー予約はネットから!
アイスランド旅行のオンライン予約ができる検索・比較サイト「Guide to Iceland」

アイスランドの観光・旅行ツアーを取り扱う「Guide to Iceland」があります。
Guide to Icelandは、アイスランドに特化したオンライン予約ができる検索・比較サイトです。

  • 5,000以上の種類があるツアー
  • さまざまなタイプがある宿泊施設
  • さまざまな車種に対応したレンタカー

Guide to Icelandは、アイスランドのツアーを取り扱うサイトの中で世界最大です。

最低価格も保証されているGuide to Icelandのサイトは日本語対応しており、簡単に予約ができます。