新型コロナウィルスの影響でアイスランドへの渡航中止勧告が外務省から出されています。最新情報は外務省のHPをご覧ください。

アイスランドにあるダイヤモンドビーチの魅力を解説【保存版】

アイスランドにあるダイヤモンドビーチの魅力を解説【保存版】

こんにちは。
アイスベルを運営しているYamada(@icevel3)です。

アイスランド南東部にあるヨークルスアゥルロゥンという湖の近くには「ダイヤモンドピーチ(Diamond beach)」があります。

ダイヤモンドビーチは、黒い浜辺に美しい氷河の塊が打ち上がっている人気の観光スポットです。

「ダイヤモンドビーチはどんな観光スポット?」
「ダイヤモンドビーチは夏でもオススメ?」
「ダイヤモンドビーチはどこにあるの?」

など知りたいことがあると想います。

私は、2018年2月に初めての海外旅行でアイスランド旅行をしたときに、このダイヤモンドビーチに訪れました。

今回の記事では、ダイヤモンドビーチの魅力や観光に最適な時期、ダイヤモンドビーチへの行き方、観光時の注意点などを解説しています。

アイスランド南部や東部の観光スポットに興味がある方は必見です。

ダイヤモンドビーチは浜辺に打ち上がった氷河の塊

ダイヤモンドビーチに打ち上がった氷河の塊

アイスランド南東部にあるダイヤモンドビーチは、黒い浜辺に「氷河の塊」が打ち上がっている観光スポットです。

浜辺に打ち上げられた氷河の塊は、太陽の光を受けて美しくダイヤモンドのように輝きます。

氷河の塊はサイズや形状、色などが一つ一つ違い、鮮やかな青から乳白色、透明、黒など色々です。

ダイヤモンドビーチにある氷河の塊は、ブレイザメルクルヨークトル氷河から分裂した氷河の塊や氷山です。

ブレイザメルクルヨークトル氷河から分裂した氷河の塊や氷山が、ヨークルスアゥルロゥン氷河湖に流れ込みます。

ヨークルスアゥルロゥン氷河湖は海につながっていて、氷河の塊や氷山が海(大西洋)に流れて、一部がダイヤモンドビーチへ打ち上がります。

氷河の塊が気温で解けたり、新たな氷河の塊が浜辺に打ち上がったりするので、毎日違った光景をみることができます。

yamada
yamada

ブレイザメルクルヨークトル氷河(Breiðamerkurjökull)から氷河の塊がやってくるので、ダイヤモンドビーチの正式名称は「Breiðamerkursandur」です。
アイスランド語の「sandur」は「砂(sand)」という意味です。

オーロラ観測に最適

ダイヤモンドビーチ周辺は光害が少ないので、オーロラ観測に適したスポットです。

アイスランドは、オーロラが頻繁に現れるエリア「オーロラベルト」の下に位置しているので、ダイヤモンドビーチ周辺でもオーロラが発生します。

ダイヤモンドビーチとオーロラを同時に見れたら、一生の思い出になると思います。

野生動物が見れることも

ダイヤモンドビーチ付近には、さまざまな野生動物が生息しています。

主な野生動物

  • アザラシ
  • シャチ
  • アジサシ
  • カモメ

アイスランドでアザラシを見るスポットの1つが、ここダイヤモンドビーチ付近です。

また、ダイヤモンドビーチ付近は、アジサシやカモメなど鳥類の繁殖地としても有名です。

ダイヤモンドビーチで氷河の塊を見たあとは、野生動物を探すのもいいかもしれません。

ダイヤモンドビーチにいくのに最適な時期

ダイヤモンドビーチにある氷河の塊は、1年中みれる観光スポットです。

オフシーズンの冬は観光客が少ないので、ゆっくりとダイヤモンドビーチを観光できます。

気温が低い冬は氷河の塊のサイズが大きくて数も多いので、ダイナミックなビーチの光景をみれるでしょう。

ハイシーズンの夏は気温が涼しいので、気持ちよくダイヤモンドビーチを観光することができるでしょう。

また、北極圏の南に位置しているアイスランドは、夏の太陽の日照時間が長いため、ダイヤモンドビーチを観光するチャンスが多くあります。

yamada
yamada

天候や風などの条件によって、浜辺に打ち上がっている氷河の塊の数や大きさが違います。

日の出や日の入りの時間帯がオススメ

ダイヤモンドビーチにいくオススメの時間帯は、氷河の塊が太陽の光を受けてキレイになる「日の出」や「日の入り」です。

ダイヤモンドビーチ付近の「日の出・日の入り」の時間は、以下の通りです。

日の出(時間)日の入り(時間)
1月1日10:5415:22
2月1日9:4216:53
3月1日8:1018:23
4月1日6:2119:55
5月1日4:3521:27
6月1日2:5923:05
7月1日2:4523:31
8月1日4:1422:08
9月1日5:4820:20
10月1日7:1418:34
11月1日8:4816:48
12月1日10:2115:25

自由に観光できるレンタカーの場合は、朝日や夕日の時間帯を計画してダイヤモンドビーチへ行くといいでしょう。

レイキャビクからダイヤモンドビーチへの行き方

レイキャビクからヨークルスアゥルロゥン氷河湖への距離を地図にしたイラスト

アイスランドの首都である「レイキャビク」からダイヤモンドビーチまでの距離は、約380km近くあり、車で5時間以上かかります。

レイキャビクからダイヤモンドビーチへ行くには、主に4つの方法があります。

  1. ツアーバスに参加して行く方法
  2. レンタカーを借りて行く方法
  3. 市営バスで行く方法
  4. 飛行機で行く方法

上記4つの行き方のうち、観光客や旅行者の多くは利便性のある「ツアーバス」や「レンタカー」のどちらかを選択します。

ツアーバスに参加して行く方法

レイキャビクからダイヤモンドビーチへツアーバスで行く方法

レイキャビクからアイスランド南部の観光スポットを回るツアーバスが数多くあります。

私は、2018年2月に1泊2日ツアーバスに参加したとき、ダイヤモンドビーチに訪れました。

1泊2日ツアーバスのメインとなるのがヴァトナヨークトル氷河にある「氷の洞窟」で、氷の洞窟に行く前にヨークルスアゥルロゥン氷河湖やダイヤモンドビーチに訪れました。

レイキャビクからダイヤモンドビーチを回るツアーバスの多くが1泊以上です。

レイキャビクからヨークルスアゥルロゥン氷河湖への日帰りツアーバスもあり、ダイヤモンドビーチもツアー内容に含まれています。

個人的には、アイスランド南部の観光スポットを回りながらダイヤモンドビーチに訪れるのがオススメなので、1泊以上の予定を立てるといいでしょう。

レンタカーを借りて行く方法


アイスランド国内では鉄道が走っていないので、レンタカーを借りて自由にアイスランド国内を回る旅行者が多いです。

レイキャビク市内やケプラヴィーク国際空港には、レンタカーショップがあり「Guide to Iceland」などのサイトから事前予約することができます(事前予約をするとスムーズに借りれます)。

レイキャビクからダイヤモンドビーチまでの行き方は、以下の通りです。

  1. レイキャビクから49号線を東に進む
  2. 国道1号線(リングロード)に合流するので、そのまま進む
  3. 国道1車線の橋を渡ると右手に駐車場があるので右折
  4. ダイヤモンドビーチの駐車場に到着

夏は日照時間が長いので、レイキャビクから日帰りでアイスランド南部の観光スポットを回りながらダイヤモンドビーチへ行くことは可能です(ただし結構ハードかもしれません)。

冬は日照時間が短くて道路が凍っていたり雪が積もっているので、レイキャビクからダイヤモンドビーチまで1泊以上は必要でしょう。

市営バスで行く方法

レイキャビクからダイヤモンドビーチへ市営バスで行く方法

アイスランド国内には、市営バスの「ストライトウ(アイスランド語:Strætó・英語:Strato)」が運行しています。

レイキャビクからダイヤモンドビーチへ行く市営バスの路線番号と行き先は「51番: Reykjavík→Höfn í Hornafirði」です。

  1. レイキャビク市内のバス停「Mjódd」に乗車(移動時間:約6時間05分)
  2. ダイヤモンドビーチ付近のバス停「Jökulsárlón」に下車
  3. 徒歩5分以内でダイヤモンドビーチに到着

レイキャビクからダイヤモンドビーチへ市営バスで行く方法は、移動時間が長くてバスの本数が少ないので、オススメの行き方ではありません。

飛行機で行く方法

レイキャビクからダイヤモンドビーチへ飛行機で行く方法

レイキャビクからダイヤモンドビーチへは、飛行機(国内線)で行く方法があります。

レイキャビク市内には、国際線の空港「レイキャビク空港(アイスランド語:Reykjavíkurflugvöllur・英語:Reykjavík Airport)」があります。

レイキャビク空港から「ホプン空港(Hornafjörður Airport)」への飛行時間は、約55分です。

ホプン空港からダイヤモンドビーチまでの距離は約7.5km(車で約8分)で、主なアクセス手段はレンタカーとタクシーです。

ホプン空港のすぐ近くには、レンタカーショップがあります。

ダイヤモンドビーチに近い町のホプンで宿泊

ダイヤモンドビーチに訪れるなら、ホプン(Höfn)という町の宿泊施設に泊まるといいでしょう。

ただし、ダイヤモンドビーチからホプンの中心地までは約80kmもあり、車だと1時間近くかかります。

私が参加したツアーバスでは、ホプンの中心地から離れたゲストハウスに宿泊したのですが、ダイヤモンドビーチからゲストハウスまでは車で約10分ほどの距離でした。

ダイヤモンドビーチに訪れるときに注意すべきこと

ダイヤモンドビーチに訪れるときには、3つの注意すべき点があります。

  • 氷河の塊は鋭利なのでケガに注意
  • 波には近づきないように
  • 服装は暖かい格好で
  • 氷河の塊は尖っているのでケガに注意

氷河の塊は鋭利なのでケガに注意

浜辺に打ち上がっている氷河の塊の中には先端が尖っているものがあるので、ケガにしないように注意しましょう。

一部の観光客では、大きな氷河の塊にのって写真を撮る人がいますが、足場が不安定なので気をつけましょう。

また、海に近い氷河の塊の上に乗ると、強い波で海に引きずりこまれる可能性があるので、絶対に近づかないようにしましょう。

波には近づきないように

ダイヤモンドビーチの波は比較的強いので、あまり近づきないようにしましょう

アイスランドは天候の変化が激しく、波が強いときに海に引きずりこまれると、水泳が得意でも助かることが容易ではありません。

また、写真を撮るのに夢中だと波で靴が濡れる可能性があるので、注意しましょう。

yamada
yamada

写真を撮るのに夢中になってしまい、波で靴と靴下を濡らしました・・(苦笑)。

服装は暖かい格好で

ダイヤモンドビーチ周辺は風が強いので、暖かい服装を用意しましょう。

また、アウトドアでは汗をかくので、温度調整しやすい服装にするといいでしょう。

冬は防水・防風機能のあるアウターを用意して、夏は1枚上着があると安心です。

【まとめ】自然が作り出した宝石の浜辺に行こう!

アイスランドの観光スポットであるダイヤモンドビーチについて解説をしました。

あらためて、今回の記事をまとめると以下になります。

  • ダイヤモンドビーチは黒い砂浜に氷河の塊が打ち上げられた観光スポット
  • ダイヤモンドビーチ周辺は野生動物が生息していたりオーロラ観測ができる
  • 氷河の塊は1年中みることができ、日の出・日の入りの時間帯に見るとキレイ
  • レイキャビクからダイヤモンドビーチまでの行き方はツアーバス・レンタカーがオススメ
  • 氷河の塊は鋭利なのでケガや海の波に近づかないように

ダイヤモンドビーチの徒歩圏内には、ヨークルスアゥルロゥン氷河湖があるので、合わせて観光をするといいでしょう。

また、冬には氷の洞窟ツアーがあるので、人生で1度行くことをオススメします。

アイスランドでのツアー・ホテル・レンタカー予約はネットから!
アイスランド旅行のオンライン予約ができる検索・比較サイト「Guide to Iceland」

アイスランドの観光・旅行ツアーを取り扱う「Guide to Iceland」があります。
Guide to Icelandは、アイスランドに特化したオンライン予約ができる検索・比較サイトです。

  • 5,000以上の種類があるツアー
  • 様々な宿泊施設のタイプを取り扱っているホテル
  • 様々な車種に対応したレンタカー

など、アイスランドの観光・旅行を取り扱うサイトの中では世界最大です。

最低価格も保証されているGuide to Icelandのサイトは、日本語対応していているので簡単に予約をすることができます。

タイトルとURLをコピーしました