新型コロナウィルスの影響でアイスランドへの渡航制限がかかっています。最新情報は外務省のHPをご覧ください。

アイスランド旅行に行くときの服装は?春夏秋冬ごとに解説

アイスランド旅行に行くときの服装は?春夏秋冬ごとに解説

こんにちは!
アイスベルを運営しているYamada(@icevel3)です。

アイスランドへ旅行を考えている方が気になることの1つに服装の問題があります。

アイスランドが位置しているのは、北ヨーロッパの北大西洋上と高緯度に位置しているので、「どんな服装で行けばいいのか分からない・・」と思う方もいるでしょう。

私がアイスランドに訪れたのは2月でしたが、どんな服装で行けばいいのか分からなかったので、事前に調べてアイスランドに行きました。

アイスランドというと氷のイメージが強いと思いますが、アイスランドにも日本と同様に四季が存在します。

アイスランドの四季は一般的に、

  • 春の季節は4月・5月
  • 夏の季節は6月・7月・8月
  • 秋の季節は9月・10月
  • 冬の季節は11月・12月・1月・2月・3月

と分類されます。

アイスランドのベストシーズンとされているのが夏の季節で、6月から8月の間は太陽の日照時間が長い「白夜」で、気温も快適に過ごせるので、多くの旅行者が夏のアイスランドに訪れます。

また、冬の季節になると、オーロラや氷の洞窟などのツアーを目当てに、冬のアイスランドに訪れる旅行者が多いです。

今回は、四季ごとにアイスランドに訪れた時にどういう服装してくれば良いのか解説をしてまいります。

スポンサーリンク

夏のアイスランドに行ったときのベストな服装

アイスランドの首都「レイキャビク 」の夏の平均気温と降水量は以下になります。

レイキャビク6月7月8月
夏の平均気温(℃)9.511.210.7
夏の降水量(mm)43.453.667.4

気象庁の「世界の天候データツール」を参考

夏といっても、気温は11℃ほどまでしか上昇しません。
半袖や短パンだと肌寒いような温度です。

また、アイスランドの夏は太陽がほとんど沈まない「白夜」なので、観光する時間が他の四季と比べると長いのが特徴です。

それでは、夏の服装をご紹介していきます。

トップス
アウターは、防水や防風機能のあるレインコートやウィンドブレーカーなどの上着を用意した方がいいでしょう。

アイスランドは夏でも強風や突然の雨で気温が下がることがあるので、フード付きのアウターを用意しましょう。

インナーでは、レイキャビク市内を歩くときにTシャツ1枚でも問題はないですが、日差しが隠れると肌寒くなるので、長袖やパーカーなど調整しやすい服装にすることをオススメします。

また、ツアー参加のためにレイキャビク郊外にいかれる方は、アクティビティで汗をかく可能性があり、体が冷えてしまう原因になるので、吸汗性と速乾性がある化学繊維のインナー・下着を選ぶといいでしょう。

ボトムス
ズボンは、動きやすくて吸汗性や速乾性がある化学繊維のを選ぶといいでしょう。

ユニクロでは、吸汗性や速乾性があるトレッキング用のズボンがあります。

ジーンズや綿素材のズボンなどは、雨で濡れた時に乾きにくいので、避けた方がいいでしょう。

また、ショートパンツは寒くて、スカートは風が強くてめくれる可能性があるので、オススメできません。

靴は、突然の雨に備えて、防水機能のあるトレッキングシューズを用意するといいでしょう。

アイスランドは数多くの山があり、トレッキングが含まれているツアーがあるので、トレッキング用のシューズはオススメです。

その他
その他には、薄い手袋やニット帽、マフラーなどといった冬用のものを用意しておくと、寒くなったときに便利でしょう。

靴下は、通気性があって汗を吸収してくれる登山用の靴下をもっておくといいでしょう。

また、アウトドアには日焼け止めやサングラスなどを用意しておくといいかもしれません。

カバンなどは、雨で濡れていても良いものを用意するといいでしょう。

yamada
yamada

小さいお子様をお連れの方は、夏でも手袋や耳が隠れるニット帽、マフラーなど防寒をしておくと安心です。

冬のアイスランドに行ったときのベストな服装

アイスランドの首都「レイキャビク」の冬の平均気温と降水量は以下になります。

レイキャビク11月12月1月2月3月
冬の平均気温(℃)1.90.60.00.10.6
冬の降水量(mm)80.397.082.583.982.5

冬の季節は他の季節と比べて、降水量が多いです。

私がアイスランドに訪れたのは2月でしたが、晴れていたのに5分後には吹雪になって、さらに5分後には晴れるなど、天気の変化が激しかったのを覚えています。

また、冬のアイスランドは、太陽が出てくる時間帯が少ない「極夜」で、私が行った2月では、太陽の日照時間が6時間ほどしかありませんでした。

私が実際に冬のアイスランドにいった時の服装などを交えて、ベストな服装を解説していきます。

トップス
アウターは、防水性や防風機能のある厚手のダウンジャケットなどを用意することが必須です。

先ほど触れましたが、アイスランドは天気が変わりやすく、突然の吹雪や雨が降るので、防水や防風機能のあるアウターは必須といってよいと思います。

私は、防水性や防風機能のあるスキーウェアでいきましたが、非常に暖かく便利だったので、個人的にはオススメです。

インナーは、吸汗性と速乾性がある化学繊維や動物繊維を用意するといいでしょう。

ツアー参加時に、汗をかく可能性があるので、すぐに乾きやすい素材を選ぶといいでしょう。

私は、ユニクロのカシミアのセーターをアウターの下に着ていきましたが、保湿性が高く吸水性もあるので、オススメです。

また、ウール素材のセーターや長袖は保温性や吸湿性があるのでオススメです。

反対に、綿素材などの服は乾きにくく、汗をかいた後に体が冷える原因にもなるので、綿素材の服は避けた方がいいかもしれません。

シャツについては、私はユニクロのエアリズムをもっていきましたが、汗をかいてもすぐに乾くので、1~2枚はもっていった方がいいかもしれません。

ボトムス
ズボンは、防水や防風機能のあるものを用意しましょう。

私はスキーウェアを着ていきましたが、スキーウェアの下にヒートテックを履いていたので、それほど寒くなく感じました。
とにかく、重ね着をすることは大事です。

靴は、雪が降った後に路面が凍結しやすいので、滑り止めの機能がある丈夫な靴を用意するといいでしょう。

靴の底に付けるスパイクなどを用意しておくのものいいでしょう。

その他
防寒対策のためにニット帽、手袋、マフラーなどは必須でしょう。

ニット帽は、2枚に重ね着しても問題ないでしょう。

手袋は、急な雨などで濡れてしまう可能性があるので、予備の手袋をもっていくものいいかもしれません。

また、カイロを用意しておくと急激に寒くなったとき用に便利です。

アイスランドの氷河に行くときの服装

アイスランドの国全体には氷河がおおわれています。

アイスランドには「ヴァトナヨークトル氷河」と「ラングヨークトル氷河」の2つの氷河があります。

この2つの氷河をそれぞれ観光するツアーがあります。

  • ヴァトナヨークトル氷河にある自然の洞窟「氷の洞窟」ツアー
  • ラングヨークトル氷河にある人口の洞窟「アイストンネル」ツアー

氷の洞窟ツアーのシーズンは11月〜3月で、アイストンネルツアーのシーズンは1年中です。

氷河のツアーに参加するのにともない、事前に用意しておいた方がよいものがあります。

トップスとボトムス
アウターやズボンは防水や防風機能のあるものを用意しておくこといいでしょう。

氷の洞窟やアイストンネルの中まで行くのに、突然の強風や雪対策に上下、防水性や防風機能のある服装を用意するといいでしょう。

インナーは、吸汗性や速乾性がある化学繊維のシャツなどを用意するといいでしょう。

靴は、足首が隠れるトレッキングブーツを用意しましょう。

私が参加した氷河の洞窟ツアーでは、アイゼンの装着が必須(アイゼンはレンタル)だったので、事前に日本でアイゼンが装着できるブーツを購入したほうがいいでしょう。

アイストンネルツアーもアイゼンがレンタルされるので、アイゼンが装着できるブーツを用意しましょう。

その他
その他には、ニット帽や厚い手袋、マフラーなどを用意しておくと気温が下がったときに便利です。
yamada
yamada

私はハイキングシューズやトレッキングブーツなどをもっていなかったので、色々調べて品質の良いとされている「モンベル」のトレッキングブーツを購入しました(アイゼンが付けれるタイプです)。

氷の洞窟の体験談記事について詳しくは、別記事に書きました。

氷河ハイキングをするときの服装

アイスランドでは、氷河の上をハイキングするツアーがあります。

ハイキングのようなアクティブで動くのは汗をかきやすいので、服装選びには注意が必要です。

トップスとボトムス
氷河の上に積もっている雪で濡れないためにも、防水や暴風機能のあるアウターやズボンを用意しましょう。

インナーでは、吸汗性や速乾性がある化学繊維のシャツを用意するのがマストです。

ハイキングで汗をかいて衣服が濡れると体温を奪われてしまうので、吸汗性や速乾性がある化学繊維のシャツを着て、氷河ハイキングツアーに参加しましょう。

アイゼンを付けれるハイキングブーツなどを用意しましょう。

ハイキングブーツはツアー会社によってレンタルできる場合がありますが、足にフィットしない可能性があるので、日本で事前に履きやすいハイキングブーツを用意するといいでしょう。

その他
その他には、帽子(ヘルメットをかぶるのでポンポンが付いていないタイプ)や手袋(濡れたとき用に2つあると便利)、サングラス(雪の反射で目がまぶしいのでオススメ)などを用意するといいでしょう。

春のアイスランドに行ったときのベストな服装

アイスランドの首都「レイキャビク 」の春の平均気温と降水量は以下になります。

レイキャビク4月5月
春の平均気温(℃)3.06.6
春の降水量(mm)54.951.2

春といってもアイスランドの春の平均気温は1桁なので、日本からアイスランドに訪れるときには、温かい格好をしていきましょう。

それでは、春の服装をご紹介していきます。

トップス
アウターは、防水性や防風機能のあるダウンジャケットやコートなどを用意するといいでしょう。

冬用の厚めのアウターを用意する必要はないですが、丈夫なアウターを着ていくといいでしょう。

インナーは、長袖のセーターやフリースなどでいいでしょう。

靴は、歩きやすい丈夫なものを用意しましょう。

スニーカーだと、レイキャビク市内を散策程度なら問題ありませんが、スニーカーで長時間歩いていると疲労が溜まりやすいので、長時間歩くのに適しているトレッキングシューズなどを用意しておくといいでしょう。

また、ツアー参加のために、レイキャビク郊外に行かれる方は防水機能のあるトレッキングシューズを選択するといいでしょう。

ボトムス
ズボンは、防水性や防風機能のあるものを用意した方がいいでしょう。

また、アイスランドの春は、他の四季と比べると降水量が少ないですが、突然の雨が降ることがあるので、防水性や速乾性のあるトレッキング用のズボンなどを用意すると安心でしょう。

その他
ニット帽や手袋などは必要不可欠ではありませんが、肌寒くなったときに便利なので、念のためもっていくのもいいでしょう。

秋のアイスランドに行ったときのベストな服装

アイスランドの首都「レイキャビク 」の秋の平均気温と降水量は以下になります。

レイキャビク9月10月
春の平均気温(℃)8.04.4
春の降水量(mm)75.075.4

9月からは夜が長くなり、オーロラのシーズンが始まります。

オーロラを鑑賞しに秋のアイスランドに訪れる方がいますが、冬の季節と比べるとそれほど寒くないので、オーロラを鑑賞するには適した気温です。

それでは、秋の服装をご紹介していきます。

トップス
アウターは真冬のようなジャケットやコートは必須ではありませんが、薄手のダウンジャケットやコートを用意するといいでしょう。

ただし、夜になると気温が下がるので、オーロラの鑑賞する時には、厚手のダウンジャケットを用意するか、アウターの下に重ね着をするといいでしょう。

インナーは、セーターやフリースを用意するといいでしょう。

秋のアイスランドは天候によって気温が大きく変化するので、重ね着を用意して温度調節を行いましょう。

ボトムス
ズボンは、防水性や防風機能のあるものを用意した方がいいでしょう。

オーロラ鑑賞の時には、冷えることがあるので、ユニクロのヒートテックレギンスなどを履いておくといいでしょう。

靴は、雪がまだ積もることはないので、動きやすくて防水性のあるトレッキングシューズを用意しておくといいでしょう。
その他
その他に、ニット帽や厚い手袋、マフラーなどは用意した方が急激な温度変化にも対応できるでしょう。

オーロラ観測するときの服装

アイスランドはメキシコ湾からやってくる暖流の影響で、気温もそれほど下がらないので、オーロラ観測に適した国です。

アイスランドでオーロラ観測できるシーズンは、9月から翌年の4月です。

オーロラ観測は夜に行うので、気温がマイナスになることがあります。

トップス
アウターは、防水や暴風機能のあるものが必須です。
個人的には、スキーウェアがオススメです。

インナーは、ウィンドブレーカーやフリースなど重ね着をしましょう。

オーロラツアーでは、車で移動することがあります。

車内の暖房がきいたところでも過ごしやすいように、脱ぎ着やすいのを選ぶといいでしょう。

ボトムス
ズボンは、防水や防風機能のあるものを用意しましょう(スキーウェアがオススメ)。
靴は、防水機能のあるスノーシューズが理想的です(防水性のあるトレッキングブーツも可)。

冬だと雪が積もっているので、くるぶしまでの高さがある靴を用意しましょう。

その他
その他は、帽子(耳が隠れる)やマフラー、手袋などは必要です。
また、カイロも用意しておくと安心でしょう。
yamada
yamada

街の郊外でオーロラ観測する場合には、風がさえぎるものがないので、強風で体感温度が下がってしまう可能性があります(防寒は必須です!)。

【おわりに】気温以上の防寒対策をすること!

四季ごとの服装について解説をしてきました。

どの季節も共通していえるのは、気温以上の防寒対策は欠かせません

アイスランドは、季節を通して天気が変わりやすく、雨や雪が降ったり強風によって体感温度も想像以上に下がるので「少し薄着でもなんとかなるでしょう」という考えは気をつけた方がいいと思います。

重ね着をして、体温調節をすることが大事になってきます。

上着や下着はアイスランドでも買うことができますが、アイスランドは物価が高いので、並べくコストを下げるためには、事前に日本で服を用意した方がいいでしょう。

雨や雪などで、服が濡れてテンションが下がっていては、せっかくの旅行が台無しだと思います。

なので、防水や防風機能などがある服装や速乾性がある服装にして、大自然のアイスランドを満喫するといいでしょう。

アイスランドでのツアー・ホテル・レンタカー予約はネットから!
アイスランド旅行のオンライン予約ができる検索・比較サイト「Guide to Iceland」

アイスランドの観光・旅行ツアーを取り扱う「Guide to Iceland」があります。
Guide to Icelandは、アイスランドに特化したオンライン予約ができる検索・比較サイトです。

  • 5,000以上の種類があるツアー
  • 様々な宿泊施設のタイプを取り扱っているホテル
  • 様々な車種に対応したレンタカー

など、アイスランドの観光・旅行を取り扱うサイトの中では世界最大です。

最低価格も保証されているGuide to Icelandのサイトは、日本語対応していているので簡単に予約をすることができます。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました