新型コロナウィルスの影響でアイスランドへの渡航中止勧告が外務省から出されています。最新情報は外務省のHPをご覧ください。

アイスランド個人旅行でかかった費用を公開【安く抑えるコツも紹介】

アイスランド個人旅行でかかった費用を公開【安く抑えるコツも紹介】

こんにちは。
アイスベルを運営しているYamada(@icevel3)です。

私は2018年2月6日から12日の1週間、個人旅行でアイスランドを訪れました。

アイスランドでは、大迫力の滝や神秘的な絶景の「氷の洞窟」など、大自然を満喫しました。

アイスランドに旅行をしたい方の中には、

「アイスランド旅行の費用はどのくらい?どのくらいの予算が必要?」
「アイスランドへ行きたいけど、なるべく費用を抑えた方法が知りたい!」

など疑問や知りたいことがあると想います。

今回の記事では、個人旅行でアイスランドにいった費用の内訳や、その他に費用がかかるもの、費用を安く抑えるコツなどを紹介するので、アイスランド旅行を考えている方は参考にしてみてください。

アイスランド旅行でかかった費用

アイスランド旅行(5泊7日)でかかった費用を公開したいと思います。

日本で事前に用意したもの(服や靴、パスポートなど)に関しては、除いています。

  • 航空券代:144,700円
  • ツアー代:84,121円
  • 交通費:6,372円
  • 宿泊代:26,867円
  • 食費代:12,173円
  • お土産代:8,736円
  • 合計:282,969円

※ 費用は1人あたり
※ 価格は当時のレート(2018年2月)のもの
※ 1 ISK(アイスランド・クローナ)=1.08円で計算しています

今回のアイスランド旅行では、一人旅をしたのですが、想定外の出費もあって(汗)上記のような費用になりました。

それでは、費用の内訳を紹介していきます。

航空券代

日本からアイスランドまでの航空券代は、144,700円かかりました。

【航空券代】費用の内訳

新千歳空港(札幌)〜成田空港(東京)
12,840円:片道
成田空港〜カストラップ空港(デンマーク)~ケプラヴィーク国際空港(アイスランド)
121,000円:往復
成田空港(東京)〜新千歳空港(札幌)
10,860円:片道

海外航空券の手配は、航空券比較サイトの「トラベルコ」を使って、航空券が安かったDeNAトラベル(エアトリ)を利用しました。

日本からアイスランドへの行き方(飛行時間が短い・航空券が安い)について詳しくは、別記事に書きました。

ツアー代

ツアー代は、84,121円かかりました。

【ツアー代】費用の内訳

ゴールデンサークルツアー
7,549円:日帰り
南海岸&氷の洞窟ツアー
76,572円:1泊2日(ホテル代込み)

上記、2つのツアーの他にも、オーロラツアー(日帰り)に参加する予定だったのですが、天候が悪くて中止となってしまいました(ツアー代の返金はされました)。

ツアーの手配は「Guide to Iceland」というオンライン予約ができる検索・比較サイトを利用しました。

「Guide to Iceland」のサイトは、アイスランドの企業が運営されていますが、サイトが日本語対応していたり、日本人スタッフによるサポート体制がなされています。

Guide to Icelandの特長やサイトを利用しようと想った理由などについて詳しくは、別記事に書きました。

交通費

交通費は、6,372円かかりました。

【交通費】費用の内訳

ケプラヴィーク国際空港~レイキャビク市内の宿泊施設前まで
6,372円:往復

アイスランドの空の玄関口である「ケプラヴィーク国際空港」から、アイスランドの首都である「レイキャビク」までの距離は約50kmあります。

ケプラヴィーク国際空港からレイキャビクまでの一般的な移動手段は、エアポートバスやレンタカーなどです(鉄道は走っていません)。

今回のアイスランド旅行では、Reykjavik Excursions社の「flybus(フライバス)」というエアポートバスを利用しました。

ケプラヴィーク国際空港からレイキャビクまでの行き方や、flybusに乗った体験談について詳しくは、別記事に書きました。

宿泊代

宿泊代は、26,867円かかりました。

【宿泊代】費用の内訳

Hlemmur Square(フレンムル・スクエア)
3,894円(1泊)
Oddsson Hotel(オッドソン・ホテル)※
22,973円(3泊)

※ Oddsson Hotel(オッドソン・ホテル)があった所には、現在Circle Hostel(サークル・ホステル)というホステルがあります(Oddsson Hotelは移転した)

Hlemmur Square(フレンムル・スクエア)の部屋タイプは、ドミトリールーム(他の宿泊者との相部屋)でした。

フレンムル・スクエアに宿泊した理由は、レイキャビクの中心地と立地がよくて、宿泊費を安く抑えることができるドミトリールームがあったからです。

Oddsson Hotel(オッドソン・ホテル)の部屋タイプは、シングルルーム(3畳ぐらい)でした。

オッドソン・ホテルに宿泊した理由は、物価が高いアイスランドでも比較的割安だったからです(レイキャビクの中心地から少し離れていた)。

1泊2日の南海岸&氷の洞窟ツアーに参加したとき、ホプン(ヘプン)という町にあるゲストハウスに宿泊しました。

宿泊先の体験談記事について詳しくは、別記事に書きました。

食費代

食費代は、12,173円かかりました。

食費代は安く抑えることができたのですが、レストランで食事をしたときに注文していた料理と運ばれてきた料理に間違いがあり、予想よりも高くついてしまいました(ロブスター料理で、値段が日本円で6,696円でした…)。

お土産代

お土産代は、8,736円でした。

【お土産代】費用の内訳

手袋(ウール素材)
3,985円
ポストカード
324円(3枚)
置物(ヴァイキング)
949円
アイスランドの古い硬貨
1,447円
チョコレート
1,010円(4つ)
スキール
1,021円(3つ)

ウール素材のセーター(ロパペイサ)が欲しかったのですが、3万~4万と結構高かったので、手袋にしました…。

アイスランドの国民食である乳製品の「スキール」は、お土産に最適です。

スキールについて詳しくは、別記事に書きました。

その他にアイスランド旅行でかかる費用

アイスランド旅行(個人旅行・一人旅)でかかった費用を紹介しましたが、旅行プランによって、上記で紹介した以外にも費用がかかる場合があります。

  • レンタカー代
  • 通信費
  • 海外旅行保険

掘り下げて解説をします。

レンタカー代

アイスランドは鉄道が走っていないので、観光スポットに移動する主な手段は、ツアーバスやレンタカーです。

レンタカーはツアーバスと比べて、自由にスケジュールを立てることができます。

レンタカーショップは、ケプラヴィーク国際空港内やレイキャビク市内にもいくつかあります。

レンタカーの手配は「Guide to Iceland」から行えます。

「Guide to Iceland」では、ホンダやスズキなどの日本車も取り扱っています。
【Guide to Iceland】
レンタカーの予約はこちら

yamada
yamada

アイスランドに行ったときに、日本車をよくみかけました!

レンタカー代には保険・補償が含まれている場合が多い

アイスランドのほとんどのレンタカーショップでは、免責補償制度がレンタカーの利用料金に含まれています。

免責補償制度(CDW)とは?

免責補償制度(CDW)は、万一の事故の際にレンタカーを借りた側が負担する金額(免責額)を免除することができる制度のこと。

免責補償制度の他にも、オプションで保険・補償に加入することができます。

保険・補償のオプション内容を一部挙げると以下になります。

  • CDWよりも補償内容が手厚い(SCDW)
  • 砂利や石による損害の補償(GP)
  • 火山灰や砂による損害の補償(SSAP/SADW)

レンタカーショップによって保険・補償の内容が異なるので、詳しくはレンタカーショップで聞くといいでしょう。

yamada
yamada

アイスランドは右側通行・左ハンドルと日本と環境が異なり、レイキャビク郊外は未舗装の道路も多いので、慣れないうちには安全運転を心がけましょう。

通信費

渡航先で、地図やアクセス方法など調べ物をしたり、SNSに投稿する時には、スマートフォンが必要になります。

海外旅行先でスマートフォンを使用する場合、国内と同じ感覚でいると、帰国後に高額な通信費の請求がくる可能性があります。

通信費を抑えるには、以下の方法が挙げられます。

  • 公共施設で無料のWi-Fiを利用する
  • 利用している携帯会社の海外パケット定額を利用
  • 海外用のモバイルWi-Fiルーターのレンタル
  • 現地のSIMカードを購入

アイスランドでは空港内や宿泊施設、カフェ、ツアーバスの中でも無料Wi-Fiに繋ぐことができました(サイトの閲覧やメールの送受信はできた)。

街中では無料Wi-Fiがあるので、それほど困らないと思います。

アイスランドのインターネット(Wi-Fi)について詳しくは、別記事に書きました。

海外旅行保険

渡航先で病気やケガ、盗難など、トラブルが起こる場合にそなえて、海外旅行保険の利用を検討することがあります。

海外旅行保険には、大きく分けると2種類あります。

  • クレジットカード付帯の海外旅行保険
  • 保険会社の海外旅行保険

クレジットカード付帯の海外旅行保険は、申込手続きが必要ないので手軽に利用することができます。

保険会社の海外旅行保険は、クレジットカード付帯の海外旅行保険よりも補償内容が充実だったりします。

アイスランドは世界平和度指数で毎年上位にランクインするなど治安がよい国ですが、スリや窃盗に巻き込まれる確率はゼロではないです。

海外旅行保険の利用については、よく考えるといいでしょう。

アイスランドでのクレジットカード事情や、年会費無料で海外旅行保険が手厚いオススメのクレジットカードついて詳しくは、別記事に書きました。

旅行費用をなるべく抑えるコツ

アイスランドは日本と比べると物価が高い(大体2~3倍ぐらい)ので「なるべく旅行費用を抑えたい」と想う方もいるでしょう。

ここからは、アイスランド旅行で費用をなるべく抑えるコツを4つご紹介します。

  1. ツアー比較サイトを利用
  2. スーパーマーケットで食材を買って自炊
  3. 日本から食料を持っていく
  4. テント泊をして宿泊費を節約

1.ツアー比較サイトを利用

アイスランドでツアーに参加するなら、ツアー比較サイトを利用しましょう。

アイスランドのツアーを比較できるサイトは、先ほど紹介していますが「Guide to Iceland」です。

Guide to Icelandは、アイスランド国内あるツアー会社がサービスを提供している現地ツアーを1つのサイトにまとめて比較・検索をすることができます。

2.スーパーマーケットで食材を買って自炊

日本よりも物価が高いアイスランドでは、食費を抑えるなら自炊をするといいでしょう。

アイスランドにはボーナス(Bónus)というスーパーマーケットがあります。

ボーナスはアイスランド国内のスーパーマーケットの中でも商品価格が安いので、食費を抑えたいならオススメのスーパーマーケットです。

ボーナスはレイキャビク市内に数店舗ありますが閉店時間が18時〜19時と短いので、食料を購入するときには営業時間に注意しましょう(店舗によって閉店時間が異なる)。

アパートメントタイプのホテルやホステル、ゲストハウスなどではキッチンが備え付けのところが多いので、自炊をできるでしょう。

3.日本から食料を持っていく

食費を節約するために日本から食料を持っていくとよいでしょう。

私がアイスランド旅行をしたときには、日本からカップ麺やカロリーメイト、インスタントのみそ汁を持っていきました。

1日3食のうち、1食だけ日本から持ってきた食料を食べることで食費を節約することができます。

yamada
yamada

日本食が恋しくなる方は、日本から食料を持っていくといいと思います!

4.キャンプ場で宿泊をして宿泊費を節約

アイスランド国内をレンタカーで回っている方は、キャンプ場でテントを張ったりキャンピングカーで宿泊することで、宿泊費を節約することができます。

アイスランド国内にはキャンプ場が数多くあり、アイスランドの大自然を肌で感じることができます。

テントやキャンピングカーで宿泊するときには、必ずキャンプ場内にしましょう。

アイスランドでは、キャンプ場以外でキャンプをしたり車を止めて車中泊をすることは違法となっています。

マナーを守る上でも、キャンプ泊や車中泊をするならキャンプ場内にしましょう。

【まとめ】アイスランド旅行費用は安くないが抑えることは可能

アイスランドの個人旅行にかかった費用やその他にかかる費用、費用を安く抑える方法について解説をしてきました。

改めて、アイスランドでかかりそうな費用を挙げると以下になります。

  • 航空券代
  • ツアー代
  • 交通費
  • 宿泊代
  • 食費代
  • お土産代
  • レンタカー代
  • 通信費
  • 海外旅行保険

私は今回のアイスランド旅行で約28万円かかりましたが、旅行のスタイル(個人旅行・ツアー)や行く時期など、人によって旅行費用が異なってきます。

日本からアイスランドへ行くのに、費用は決して安くありません。

しかし、旅行中に自炊をしたり日本から食料をもってくるなど、費用を抑えることは可能です。

手つかずの大自然が残るアイスランドに行ってみてはいかがでしょうか?

アイスランドでのツアー・ホテル・レンタカー予約はネットから!
アイスランド旅行のオンライン予約ができる検索・比較サイト「Guide to Iceland」

アイスランドの観光・旅行ツアーを取り扱う「Guide to Iceland」があります。
Guide to Icelandは、アイスランドに特化したオンライン予約ができる検索・比較サイトです。

  • 5,000以上の種類があるツアー
  • 様々な宿泊施設のタイプを取り扱っているホテル
  • 様々な車種に対応したレンタカー

など、アイスランドの観光・旅行を取り扱うサイトの中では世界最大です。

最低価格も保証されているGuide to Icelandのサイトは、日本語対応していているので簡単に予約をすることができます。

タイトルとURLをコピーしました