新型コロナウィルスの影響でアイスランドへの渡航制限がかかっています。最新情報は外務省のHPをご覧ください。

【まる分かり】アイスランドはどんな国?

【まる分かり】アイスランドはどんな国?

こんにちは。
アイスベルを運営しているYamada(@icevel3)です。

皆さんはアイスランドがどんな国かご存知でしょうか?

「アイスランド(氷の国)だから氷がある国なんじゃない?」
「ヨーロッパに位置している国でしょ?」

などと思っている方はいるのではないでしょうか。

近年、アイスランドのことを紹介するテレビや雑誌などメディアで取り上げる機会が増えましたが、アイスランドのガイドブックって意外と数が少ないんですよね。

アイスランドは、日本と同じく島国でヨーロッパで最大の「氷河」や、約30もの活火山がある「火山」があることから「氷と炎の国」と呼ばれています。

今回は、この記事を読めばアイスランドのことがまるごと分かる!と思いますので、ご紹介してまいります!

スポンサーリンク

アイスランドの基本情報

まず、初めにアイスランドの基本情報を紹介していきます。

国名:アイスランド共和国

アイスランドの国旗

正式名称の「アイスランド共和国」をアイスランド語で書くと「Lýðveldið Ísland」。

一般的には「Ísland」と呼ばれることが多く、イースラントと呼ばれますが日本語読みではアイスランドと呼びます。

アイスランド共和国を英語で書くと、「Republic of Iceland」となります。

国名の由来は、ヴァイキングのフローキ・ビリガルズソンという人物が、アイスランド沿海に流氷が浮かんでいる姿を見て、アイスランドと名付けたとされています。

位置:北ヨーロッパの北大西洋上に位置

ヨーロッパの地図

アイスランドは、北ヨーロッパの北大西洋上(グリーンランドとノルウェーの間)。

アイスランドが位置している所は一部、北極圏に位置しています。

真夏には太陽が沈まない状態が続く「白夜」、真冬は太陽が昇らない状態が続く「極夜」の現象があります。

首都:レイキャビク

首都はレイキャビク(レイキャヴィーク)。

レイキャビクをアイスランド語で書くと、「Reykjavík」。

レイキャビクは、世界で最北の首都です。

人口:約34万人

人口は、34万8,580人(2017年12月現在)。

アイスランドの全人口の内、約12万人が首都レイキャビクに住んでいます。(3分の1)

面積:103,125Km²

面積は、北海道と四国を足したほど。

時差:-9時間

日本とアイスランドの時差は、-9時間(日本がお昼の12時ならアイスランドは夜中の3時)。

平均気温:比較的暖かい

レイキャビク1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
平均気温(℃)0.00.10.63.06.69.511.210.78.04.41.90.6

※ 気象庁の「世界の天候データツール」を参考

アイスランドは高緯度に位置しているのに関わらず、年間を通して比較的それほど寒くありません。

比較的暖かい理由としては、メキシコ湾からくる暖流の影響を受けているため、他の北欧の国と比べると、暖かい方です。

ただ、ハイシーズンの夏(6月〜8月頃)の季節は半袖1枚でも心地よいのですが、日陰などに入ると肌寒くなることがあります。

また、冬の季節は風が強くて体感温度がマイナスになることがあるので、防寒・防風対策は必要でしょう。

アイスランドの服装について詳しくは、別記事に書きました。

アクセス方法:直行便はなし

日本からアイスランドへの直行便は、2020年までありません。

日本からアイスランドにアクセスする方法としてはヨーロッパの主要空港から乗り継ぎが必要です。

また、アメリカ経由からでもアイスランドにアクセスすることができます。

日本からアイスランドへ行く方法(飛行時間が短い行き方・航空券の安い行き方)について詳しくは、別記事に書きました。

公用語:アイスランド語

アイスランド語は世界の言語で1、2位を争うほど、難しいことで有名です。

アイスランドの言葉は、1,000年以上前から言葉が変わっておらず、言葉を使うのはアイスランド国内のみです。

他にもアイスランドでは、英語がしゃべれる人が多く、表記も英語が多いです。

ただし、地方のご年配の方は、英語を話せない方もいます。

通貨:アイスランド・クローナ(ISK)

アイスランド・クローナは地元で(kr)と表記されています。

クローナは単数で、複数はクローヌルと呼びます。
硬貨は5種類(1、5、10、50、100)、紙幣は4種類(500、1000、2000、5000、1万)あります。

チップ:不要

アイスランドでは、チップを払う制度がないので、渡す必要はありません。

レストランでも、チップを支払う必要はありません。

宗教:キリスト教

アイスランド全人口の約80%が福音ルーテル派のキリスト教徒です。

治安:比較的安全な国

イギリスのエコノミスト紙による国・地域がどれくらい平和かを相対的に数値化したデータ「世界平和度指数」の2020年版によると、対象とした163ヵ国中、アイスランドは世界第一位でした(12年連続で一位)。

アイスランドの歴史の始まりはヴァイキング

アイスランドの歴史を紐解くと、ヴァイキングが関係していきます。

アイスランドのことを記した書物「植民の書」によると、アイスランドには元々、人が住んでいなく、アイスランドに初めて人間が移住したのは874年とされています。

874年に定住した人物が、ヴァイキングのインゴルフル・アルトナルソンと妻のハットルヴェイグといわれています。

このインゴルフルとハットルヴェイグの夫婦は、家族間のトラブルに巻き込まれたのが原因で、ノルウェーから家畜と共に船で脱出して、現在のアイスランドの首都レイキャビクの所にたどり着きました。

その後、ノルウェーやスコットランド、アイルランドなどからヴァイキングがアイスランドに移住するためにやってきたとされています(移住は10世紀ほどまで続いたとされます)。

氷だけじゃない!アイスランドの大自然

アイスランドの漢字表記は「氷島」「氷洲」「氷州」なので、氷を連想する人が多いと思います。

しかし、アイスランドは氷だけではありません!
アイスランドには、手付かずの大自然が広がっていて、一度訪れたら一生の記憶に残るほど、美しい光景が広がっています。

アイスランドの大自然といえば、

  • ヨーロッパで最大規模の氷河地帯で洞窟探検ができる
  • 火山の火口の中に入り地底探検ができる
  • 世界で唯一、首都でオーロラを観れる
  • 火山がもたらした温泉大国
  • さまざまな種類の滝

などがあります。

ヨーロッパで最大規模の氷河地帯で洞窟探検ができる

氷河が見れる国は世界中でいくつか存在しますが、アイスランドは、国土面積の11%が氷河で覆われています。

アイスランドの氷河の中でも、ヨーロッパで最大規模を誇る「ヴァトナヨークトル氷河」では、冬の期間(11月〜3月)に氷の洞窟が氷河内に形成されます。

自然にできた氷の洞窟は、氷河の一部が地熱により解けたり、解けた水が流れることで洞窟が形成されます。

氷の洞窟では、外からの光が差し込むと、周辺の氷に反射をして、洞窟内が美しいコバルトブルーに輝きます。

このヴァトナヨークトル氷河の氷の洞窟に入るツアーがあり、氷の洞窟を目当てに、アイスランドを訪れる観光客も多いです。

yamada
yamada

私も氷の洞窟のツアーに参加しましたが、綺麗なコバルトブルーの色は今でも思い出します!
氷の洞窟は冬の期間でしか見れなく、専門のガイドと共にしかいけないスポットです。

氷の洞窟の体験談について詳しくは、別記事に書きました。

火山の火口の中に入り地底探検ができる

アイスランドは、日本と同じく火山国で、30もの活火山が活動しています。

世界中で観ることができる火山ですが、実はアイスランドの火山を観に来る人が多いのです。

アイスランドの火山を訪れる観光客が多い理由には、火山の火口内に入ることができるからです。

アイスランド西部「スナイフェルスネス半島」にあるスナイフェルスヨークルト(Snæfellsjökull)山は、フランス人の作家ジュール・ヴェルヌが書いた小説「地底旅行」で、地球の中心の入口に登場するのが、このスナイフェルスヨークルト山です。

スナイフェルスヨークトル山の特徴としては、地上は氷河で覆われていて、氷河の地下には、火山があります。

スナイフェルスヨークトルにある火山に行くためには、火口までトレッキングをして、その後エレベーターで下まで下降します。

火山の火口の中に入ることができるのは中々ないので、アイスランドの火口に入って、洞窟探検するのも一生の思い出になるでしょう。

世界で唯一、首都でオーロラを見ることができる

夜空をカーテンのようにユラユラしているオーロラ。

オーロラを観測できる国はいくつかありますが、アイスランドのオーロラは観測するのに打ってつけの国です。

オーロラを観測するのにアイスランドをオススメする理由としては、観測しやすい環境にあります。

アイスランドの首都レイキャビクでは、街中でもオーロラを観ることができます。

首都でオーロラが観測できるのは、世界中をみてもアイスランドだけです。

また、オーロラを見れる国はどこも緯度が高緯度なので、冬の季節にもなると気温が-20℃以上など珍しくありません。

一方、アイスランドの首都レイキャビクの気温は冬の季節にもなると0℃前後と、観測しやすい環境なのです。

yamada
yamada

レイキャビクからオーロラ観測をするツアーが毎日催行されています。
私は、オーロラを観るためにアイスランドに行きましたが、滞在中は天候の関係で観ることができませんでした・・・

(次こそは絶対観たいです!)

火山がもたらした温泉大国

ブルーラグーンで温泉に浸かっている人たち

日本は世界屈指の温泉大国ですが、アイスランドも日本に負けない温泉大国です。

アイスランドは火山国なので、いたる所に温泉があり、中でもブルーラグーン(Bláa lónið)は世界最大の露天風呂で、面積は約8,700㎡もあります。

ブルーラグーンの露天風呂は、温泉の色がターコイズブルーで、温泉の底には肌に塗ればすべすべになれる泥パックがあります。

この泥パックはシリカといい、アンチエイジングや皮膚病などに効果があるといわれています。

また、ブルーラグーンの露天風呂の中にはバーがあるので、入浴しながらお酒を飲むことができます。

因みに、ブルーラグーンの露天風呂では、男女混浴なので水着の着用が必要です(レンタルや持ち込みもOKです)。

ブルーラグーンは人工的に作られた露天風呂ですが、アイスランドには多くの天然温泉があり、大自然に囲まれて温泉に入り、リラックスとした体験ができます。

yamada
yamada

ブルーラグーンはアイスランドで1位、2位を争う観光スポットなので、予約を事前にする必要があります(インターネットから購入可能)。

ブルーラグーンのサービスや施設について詳しくは、別記事に書きました。

さまざまな種類の滝

セリャランスフォスの滝

氷河に覆われたアイスランドでは大小、数多くの滝があります。

アイスランドの滝を観るスポットは数多くありますが、中でも首都レイキャビクから日帰りで行けるアイスランド南部セリャランスフォス(Seljalandsfoss)は落差60mの滝です。

セリャランスフォスの滝の特徴の一つとして滝の裏側に回り込むことができます。

滝の裏側に回り込むと、水しぶきと轟音を間近に感じることができます。

また、滝の裏側から太陽が落ちる光景は圧巻でしょう。

yamada
yamada

セリャランスフォスの滝の裏側に行くときはずぶ濡れになるのでレインコートを羽織りましょう!
また、写真を撮るために滝に近付いたり、滝の裏側に行くときは、カメラがずぶ濡れにならにように、カメラ用のレインカバーをするなど対策をした方がいいと思います!

アイスランドの野生動物たち

パフィンと花畑

アイスランドには、家畜や野鳥などの野生動物が生息しています。

ヴァイキングがアイスランドに入植する時と同時に羊や牛、馬など多くの家畜がアイスランドにやってきました。

また、アイスランドは、野鳥の楽園としても有名で、多くの種類の野鳥がアイスランドにやってきます。

アイスランドにやってくる野鳥の中で、パフィン(ニシツメドリ)は愛くるしい見た目からアイスランドの人たちに愛されている野鳥です。

アイスランドで見ることができる家畜や野生動物について詳しくは、別記事に書きました。

世界最北の首都レイキャビクは見所がたくさんある!

アイスランドの大自然をご紹介して来ましたが、見所は自然だけではありません!

先ほども触れましたが、アイスランドの首都「レイキャビク」は世界最北の都市で、全人口の約3人に1人はレイキャビクに住んでいる街です。

レイキャビクには、見所がたくさんあります。

主な見所としては、

  • ロケットのような外観であるレイキャビクのランドマークタワー
  • まるで絵本の世界のようなカラフルな建物
  • クラブやバーにでかけてお酒を楽しむ

などです。

ロケットのような外観であるレイキャビクのランドマークタワー

ハットルグリムス教会の外観

レイキャビクのランドマークタワーと言ったらハットルグリムス教会(Hallgrímskirkja)でしょう。

ハットルグリムス教会は、街の中心部に位置していて、高さが74.5mとアイスランドで一番高い建物です。

このハットルグリムス教会は外観が特徴的で、その姿からロケットや鳥に例えられています。

ハットルグリムス教会が建築されたのは、1945年に建築家グズヨン・サミュエルソンが41年もの歳月をかけ、1986年に完成しました。

教会内には、全長15m重さ25tのパイプオルガンがあり、ドイツのオルガン職人ヨハネス・クライスによって作られました。

また、エスカレーターで、教会の屋上に行くことができ、地上73mからレイキャビクの街並みを観ることができます。

まるで絵本の世界のようなカラフルな建物

レイキャビクの街を高い場所から見た光景

レイキャビク市内では、北欧らしいカラフルな建物が点在しています。

レイキャビク市内を歩くと、色鮮やかな建物があり、壁にはストリートアート作品がいたるところにあります。

メイン通りだけじゃなく、路地先でも壁にストリートアートが描かれているなど、インスタ映えするようなスポットがたくさんあります。

また、ハットルグリムス教会の屋上に登ると、360度レイキャビクの市内を一望することができます。

この教会の屋上から観た、カラフルな建物はまるで絵本の中に入ったような感覚に陥るぐらい可愛らしいです。

クラブやバーにでかけてお酒を楽しむ

アイスランドに来たら、クラブやバーにでかけるのもいいかもしれません。

アイスランドでは、お酒は政府専売制なので、ヴィンブージン(Vinbudin)と呼ばれる酒屋でしかお酒を購入することができません(コンビニに置かれているお酒はアルコールが少ないです)。

お酒を飲むには、クラブやバーにでかけて飲むといいでしょう。

「海外でクラブやバーなどに行くの危険じゃない?」と感じる人もいると思います。

しかし、アイスランドは治安の良い国なので、記憶が無くなるほどお酒を飲まなければ、楽しめるでしょう。

yamada
yamada

いくらアイスランドの治安が良い国だからといって、トラブルに巻き込まれる確率はゼロではないです。

お酒はほどほどにして、アイスランドのナイトライフを楽しむといいでしょう!

【まとめ】アイスランドに興味を持ったら訪れてみる!

アイスランドの国の紹介をしましたが、少しでも魅力が伝わったでしょうか?

今回の記事をご覧いただき、少しでもアイスランドのことに興味を持ってくれたら嬉しいです。

アイスランドのことを知るためには、実際に訪れてみるのが一番です。

簡単に行ける距離ではないですが、アイスランドに訪れると一生の思い出になることでしょう。

yamada
yamada

私も初めての海外旅行がアイスランドで本当によかったと感じています。

アイスランドでのツアー・ホテル・レンタカー予約はネットから!
アイスランド旅行のオンライン予約ができる検索・比較サイト「Guide to Iceland」

アイスランドの観光・旅行ツアーを取り扱う「Guide to Iceland」があります。
Guide to Icelandは、アイスランドに特化したオンライン予約ができる検索・比較サイトです。

  • 5,000以上の種類があるツアー
  • 様々な宿泊施設のタイプを取り扱っているホテル
  • 様々な車種に対応したレンタカー

など、アイスランドの観光・旅行を取り扱うサイトの中では世界最大です。

最低価格も保証されているGuide to Icelandのサイトは、日本語対応していているので簡単に予約をすることができます。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました